彼女はピンク色の髪ではありませんでした | y74w2s | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

彼女はピンク色の髪ではありませんでした

返信

午後8時半 バイト終わりにファミレスへ

いわゆる 初デート ・・・ いや まだ友達なんだけれども


彼女は先に着いて 待っていました

私が着いて 早々 「お付き合いしてくれませんか?」 ときかれて 死にそうだった


で お受けした  たぶん 断ろうと思っても 断れなかったと思う

リスクは あまり考えなかった  今思えば ちょっと考えた方がよかったかもしれない こともないか


食事して いろいろ話した  水ばっかり飲んで トイレに2回/90分もいった


一目ぼれについて 遠回しに訊いてみたら 「仕事してる感じがカッコよかった」らしい

自分は決してカッコよい属性の人ではないことを説明したけど 「それはわかってる」らしい

たぶん 想像とは違うと思うよ と諭してみたが 「そんなことない」らしい

彼女のことが心配で仕方ない  頼むよ俺 死ねよ俺



彼女が 彼女のスマホを見せてくれたとき 手が震えていた

もう それだけでいい と思った

投稿者 y74w2s | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.